DIY生活
--- 料理好き主婦の 小さなこと 大きな幸せ ---
森たまのDIY節約

<かんたん>電気圧力鍋は納豆マシーンである

納豆は日本が誇るスーパーフード LOVE Natto!

あまりに身近で忘れがちですが、「納豆」は栄養価が高く、発酵食品として腸を健康にする、とても頼りになる健康食品です。

世界からも注目される、機能性の高い健康食品です。

私の経験の中でも、実際にその注目の高さを感じたことが何度もあります。アメリカに住んでいた時、健康オタクな私の友人は納豆に興味津々でした。

おいしく安く簡単に作れる!

手作りすると、高級な大粒豆を使ったり、 美味しく、安く、た〜くさん、簡単に 作ることができるんです!

納豆だいすきなので、もう本当に幸せ、ほくほくです。

このほくほくを、納豆好きな誰かにも味わっていただきたいです。

分かりやすくお伝えするので、ご参考になれば幸いです!

材料

① 乾燥大豆(北海道産 鶴の子大豆)

 200gくらいが作りやすいです。発酵器の容量に合わせてください。

 この大豆が、もう、めちゃくちゃ美味しいんです。蒸しただけで甘くて栗のよう。子供のつまみ食いの手が止まりません。。

  ↓すずやさんの鶴の子大豆、本当におすすめです

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

2021年 北海道産 鶴の子大豆(3.0分上)【1kg】
価格:1100円(税込、送料別) (2022/1/26時点)


② 納豆菌(なければ市販の納豆小さじ1)


使う道具

電気圧力鍋 (もしくは、圧力鍋とヨーグルトメーカーの併用)

私は電気圧力鍋(インスタントポット)を使っています。最近はいろいろなメーカーから電気圧力鍋が出ています。圧力調理と発酵モードがあれば、納豆は楽々です!


・納豆を入れて発酵させる容器(鍋で直接発酵させるなら不要)

納豆の作り方

① よく洗って、たっぷりの水に一晩つける

乾燥大豆は畑の泥などが付いているので、流水でよく洗います。一晩水につけると、ぷっくりとしたいつもの大豆の形になります。大きくなるので、大きめのボールを選んでくださいね。

鶴の子大豆は高級な大粒大豆です。水で戻すと、プックリすごく大きい!

さぁ、ここから調理です!

② 圧力鍋で60分蒸す

電気圧力鍋の中に、水を5センチほどはり、 蒸しかごとザルを二段にして60分圧力モードで蒸します。(一段でもOK。私は1回の仕込み量が400gと多いから二段です)

③ 蒸し大豆と納豆菌が、こんにちは

ここで蒸し器から豆を出す前に、準備をします。

清潔なボールに、以下のものを入れて混ぜておく。私は調理器具を熱湯消毒などはせず、普通に洗剤で洗って自然乾燥させて使用していますが、今までに発酵過程で腐敗したことは一度もありません。清潔のレベルは人それぞれです、心配な方は熱湯消毒してください。

 ・水 約大さじ1

 ・納豆菌 付属の耳かきくらいの匙1杯(なければ市販の納豆小さじ1)

 ・砂糖 約小さじ1(納豆菌のエサになるらしい)

 ・塩 ひとつまみ

蒸しあがったら、熱いうちに用意していた納豆菌入りのボールに豆を入れてよく混ぜます。

容器に小分けします。鍋やヨーグルトメーカーに直接入れてもOK。私は発酵の様子をガラス越しで見たいのと、ネバネバが面倒なので、この時に移します。

④ 発酵 24hr

後は時間にまかせ、手をかけるのはおしまいです。

38度(もしくはヨーグルト発酵モード)で24時間。ボタンをぽんっ!

できました。

美しい白い表面〜!

冷たくない温かい納豆、出来立てでフワフワなんです。お豆の美味しさがダイレクト!これは手作りしないと味わえません。

糸もしっかり引きます。豆本来の甘みと風味を楽しめる、高級納豆です。

本当に、本当に、美味しいので、ぜひお試しください。

森たまの納豆への熱き愛にお付き合いいただき、ありがとうございました。ご参考になれたら嬉しいです。