DIY生活
--- 料理好き主婦の 小さなこと 大きな幸せ ---
森たまのDIY節約

<おうちカット歴7年>夫の髪をセルフカット【家計も夫婦仲にも◎?】

(美容師さん、もしこの記事を見ても、温かい目でスルーしてください)

夫の髪をおうちで切ろう

こんにちは、DIY生活が趣味になってきた森たまといいます。

コロナが流行して、以前よりセルフカットに注目が集まっていますが、我が家では7年ほど前から夫の髪の毛は私がカットしています。

だんだん慣れてくると、爪を切るような当たり前のケアとして、自宅ヘアカットできますよ!

そんなに気軽に・・・!?

ものすごい節約になる

短髪男性は切る頻度が高い!安い理容室へ行ったとしても、年間で考えると数万円はかかります。

調べたら、短髪男性一生分のコストで考えると、「約90万円」も散髪にかかるようです・・・!!!これは予想以上。

また1回あたりの”美容院・理容室で使う平均的な金額”については、「平均3002.29円」という結果に。もし20~70歳までの間に同じ頻度・同じ金額で通い続けた場合、散髪にかける一生分のコストは「約90万円」。つまり中古車が1台購入できたり、生活家電を一式揃えるくらいの金額がかかります。

https://mainichigahakken.net/life/article/post-1086.php

つまり、ヘアカットを自宅でできるようになると、大きな節約になるんです!

90万円も楽しく節約できるなんて、嬉しすぎる〜〜

必要なもの

必要なものは、一式まとめて空き箱にしまっています。

  • 散髪ケープ
  • 髪はさみ
  • 髪すきばさみ
  • コーム
  • バリカン
  • (いらないタオルや布)

この中で すきばさみ と バリカン は質の高いものを使うのがおすすめです。

これが、仕上がりと、切る側の疲れやストレス、楽しく継続できるかどうか に大きく関わってきます。

最初お金はかかりますが、自宅ヘアカットを続けられれば数十万円の節約につながると思えば、逆に安い投資だと思えます!この二つは、本当に買ってよかったです。もし壊れてもまた同じものを買いたいです。



カット前に準備

① 切る場所

毛が散らばるので、床には新聞紙かいらない紙を敷いています。今まではお風呂で切ることもあったのですが、狭い洗い場では360°から作業しにくいので、長く続けるためにも、ストレスなくやりやすい環境を準備するのも大事だと思います。

② ケープをかぶる

散髪ケープをかぶります。首元にはいらないタオルや布を巻くと、ケープの首元にあるマジックテープに細かい毛がつきにくくなるのでおすすめですよ。

③ お風呂の排水溝に、不織布ネットをかける(やらなくてもOK)

カット後そのままシャワーで流すので、細かい毛をキャッチしてくれて、お掃除が楽になります。

短髪にカットしていきます!

まずは バリカンでカットしていきます!

  1. 6mmアタッチメント こめかみサイドから後頭部えりあしに向けてカット
  2. 4mmアタッチメント → 3mmアタッチメント → ダイヤルで1.7mm 刈り上げグラデーションを作る
  3. 9mmアタッチメント トップとのつながり部分をカット
  4. トップの髪をコームで持ち上げながら、ハサミを縦に入れてカット 頭の中心線上(鼻と頂点を結んだ線)の髪が一番長くなるようにコームを頭に沿って斜めにする
  5. すきばさみで、グラデーションの段差やトップの重たいところを軽くすく。(すきすぎに注意)

バリカンの使い方などは、youtubeにたくさんいいコンテンツがありますよ。

仕上がり

回数を重ねるとだんだん上手く切れるようになる

夫のヘアスタイルが自分の作品になる

結婚生活が長くなると薄れてくる夫への関心w

でも、私が夫の髪を切るので、少なからず責任感があります。今回の出来はどうかな〜と夫の髪型がいい意味で気になるし、次はこうしたい!と思ったり。

毎回切った後は、自分の作品のような気がしてきます。

少しの失敗も2人で笑い飛ばすしかない

もちろん、これまでに夫の自宅ヘアカットでたくさんの失敗をしてきました。

バリカン6mmを上の方に入れすぎて、プロレスラー風になったことも。

切ってしまったものは仕方ない。

「あ〜〜っwww」2人で笑うしかありません。

浮いたカット代のお金で、欲しかった物を買いましょう。

髪型だけでなく夫にも愛着がわく

夫婦で協力して回数を重ね、だんだんヘアカットが上手くなってきました。

そして夫婦関係にもいい効果があると気づいてきました。

学生の頃のように、とまでは行かなくても、新しいことに「わー きゃー」言いながら、仲良く2人で挑戦するのもいいものかもしれません。節約できたお金でお互いにご褒美を買ったり、デートへ行ったりするのも素敵だと思います。